コンテンツへスキップ

カギが空転して開かないとの事。

 

 

 

 

 

 

 

中のケースが連結折れしていて開かなくなっていました。

 

 

 

 

 

 

 

破壊開錠をして、ケースとシリンダーを交換して作業完了しました。

カギが回らず、ドアが開かないとの依頼。

 

 

 

 

 

 

 

上画像は全部外した所ですが、お伺いするとシリンダー部分、さらにレバーハンドルも

ケースが壊れて落ちていました。

 

 

 

 

 

 

 

防犯性も考えて、古代サムラッチのツーロックを提案して交換頂きました。

トイレのレバーハンドルの調子が悪いとの事で連絡がありました。

 

 

 

 

 

 

 

お伺いすると、レバーハンドルが根元から脱落していました。

 

 

 

 

 

 

 

お客様は一人になる事が多いとおっしゃっていたので、故障しても閉じ込められなり

トムフの表示錠に交換となりました。

アパートで玄関のカギの不調という事で呼ばれました。

 

 

 

 

 

 

 

カギが掛からなくなる事があるという事で、もう新しい物に交換したいとの事。

 

 

 

 

 

 

 

U9の円筒錠に交換する事で対応させて貰いました。

 

時々でもカギが掛からなくなるといった症状が出ると、そのまま使い続けていく内に壊

れて開かなくなる可能性がありますので、早期の交換をオススメします。

 

 

 

 

 

 

使いやすく、防犯性の高い物をと言う事でカバスターネオに交換して頂きました。

カバスターネオは登録制のカギで、お店や他人がスペアキーを作る事が出来ません。

登録した本人のみスペアキーを注文する事が出来る最高のカギです。

室内のドアノブが壊れて開かないとの事。

 

 

 

 

こちらはケースの方の連結折れで、ラッチが引っ込まない状態でした。

 

 

 

 

 

 

 

こういう閉じ込めが無いように長沢のトムフをお薦めして交換となりました。

もし他に出入口が無ければ・・・と考えると怖いですよねぇ・・・。

カギ紛失による交換です。

 

 

 

 

 

 

 

元々の錠前ですが大分古く、レバーもゆるゆるで壊れかけていたので丁度良かったので

はないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

使い勝手、防犯性も良い古代サムラッチに交換となりました。

今度は引戸錠の取付作業の紹介です。

 

 

 

 

 

 

 

引戸錠を交換する作業ではなく、追加で上にでも付けてほしいといった依頼でした。

 

 

 

 

 

 

 

上部に新しく切り欠き穴を開ける事に。

開けてしまえば後は新しい錠前を付けるだけです。

 

 

 

 

 

 

 

上の方にはディンプルキーの引戸錠を取り付けさせて貰いました。

 

玄関のカギがよく掛からないとの事で依頼がありました。

 

 

 

 

 

 

 

だいぶ古いGOAL製のツーロック。

2つとも普通に回らない状態で、レバーハンドルも脱落していました。

 

 

 

 

 

 

 

今回は防犯性も高いディンプルキーの古代サムラッチツーロックに交換頂きました。

室内錠の調子が悪いという事で依頼を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

現状だいぶ古く、摩耗によるガタつきがひどく、バネもよく働いていない状態でした。

 

 

 

 

 

 

 

高齢の一人暮らしの方だったので、例え壊れたとしても締め出される事のないトムフを

お薦めして交換となりました。