コンテンツへスキップ

今回は店舗にて電気錠と面付錠の取付依頼のものです。

 

 

 

 

 

 

 

こちらのドアに防犯の為、電気錠と面付錠を取り付けて欲しいといった依頼でした。

 

 

 

 

 

 

 

ドアに穴を開ける加工を施し、取り付ける事になります。

 

 

 

 

 

 

 

後付けの電気錠です。一般的な開戸でしたらドアを少し加工すれば取付可能ですので、

オススメの電気錠です。

 

 

 

 

 

 

 

最後にすべての鍵がきちんと掛かるか確認し、作業完了となります。

防犯の為に電気錠・面付錠といった錠前を付ける事は有用ですので、防犯性能を向上

させたいとお考えなら、ぜひ一度ご相談下さい。

今回は玄関錠の故障という事で呼ばれました。

伺ってみると、レバーが垂れ下がっている状態。

 

 

 

 

 

 

 

ケースが壊れている事は明らかなのですがサイズが小さく、しかも調べるとこのケース

は既に廃盤で後継品もメーカーさんは作っていないとの事。

別メーカーでサイズが近いものを探して取り付ける事に。

 

 

 

 

 

 

 

元々はアルファというメーカーの錠前でしたが、今回はMIWAの錠前に交換しました。

同じ物ではないので、ドアの加工や取付にはやや難儀したものの無事取り付ける事が

できました。

今回は錠前開錠から交換になった事例です。

カギを紛失したので開けてほしいとの依頼でした。

 

 

 

 

 

 

 

カギはディスクシリンダーの引戸錠でした。

カギを紛失している事と、そもそもの防犯性が低い事から交換する事に。

 

 

 

 

 

 

 

無事交換完了しました。

こちらのカギはメーカーから交換用の錠前が出ているのですが、中央の召し合わせ錠と

戸先錠2つの計3ヶ所の交換になります。

今回は引戸のカギが動かなくなったとの依頼です。

 

 

 

 

 

 

 

錠前も結構古い物で、表・裏のどちらからもカギが動かなくなっていました。

防犯性能の事も考えて、新しい物に交換する事に。

 

 

 

 

 

 

 

ディンプルキーの引戸錠に交換して、作業完了しました。

使い勝手・防犯性能共に大きく向上していますので、古い引戸錠をお使いならぜひ一度

ご相談ください。

今回は電気錠の工事例です。

防犯錠への交換希望という事でお伺いしました。

 

 

 

 

 

 

 

サムラッチが元々付いていましたが、普通の交換ではなく電気錠を付けたいとの事。

 

 

 

 

 

 

 

新しく既存の錠前上部に穴を開けて追加で取り付けるようにしました。

 

 

 

 

 

 

 

後はストライクを取り付けてデッドボルトを掛かるようにすれば完成です。

単純に防犯性能が高いだけでなく、自動施錠によりカギの閉め忘れが無くなります。

玄関と勝手口の錠前を交換しました。

玄関の錠前の交換依頼で訪問させて貰いました。

 

 

 

 

 

 

 

古い引戸錠ですね。

この錠前を新しい物へ交換します。

 

 

 

 

 

 

 

玄関の引戸錠の交換が完了しました。

続いて勝手口へ。

 

 

 

 

 

 

 

勝手口のカギは一度交換したらしく、ディンプルキーのシリンダーが付いていました。

こちらも交換する事に。

 

 

 

 

 

 

 

無事に作業完了です。

今回の作業は錠前の取付作業です。

 

 

 

 

 

 

 

写真のドアに新しくカギを付けてほしいといった依頼でした。

ドアを彫り込んで穴を開け、ケースが入るだけのスペースを確保します。

後はシリンダーを取り付けるだけです。

 

 

 

 

 

 

 

工事完了しました。

ストライクも新たに彫り込んで、デッドボルトが入るようにしています。

これで今までカギが無かったドアを施錠する事ができるようになりました。

今回は錠前は動かなくなったという事で伺う事になりました。

現場では円筒錠の裏側を回してもラッチが引き込まなくまっている状態でした。

 

 

 

 

 

 

 

幸いドアは開いていたので、錠前を外して新しく交換する事に。

 

 

 

 

 

 

 

MIWAの円筒錠に交換しました。

カギも新しくなった為、防犯性も上がって使いやすくなったと思います。

引戸の錠前が動かなくなったとの事でお伺いしました。

 

 

 

 

 

 

 

裏側の鎌の稼働部分が劣化により全く動かなくなっていました。

新しい錠前に交換する事に。

 

 

 

 

 

 

 

写真には収めていませんが、戸先のカギと同一の引戸錠になります。

動作もスムーズになり、満足頂けたようです。