コンテンツへスキップ

今回は引戸錠の交換事例です。

カギが古く、調子が悪いので見てほしいという事で伺いました。

 

 

 

 

 

 

 

カギの抜き差しもかなり引っ掛かりがあり、カギの回りも悪い状態。

せっかくなので交換して防犯性能があるカギにしたいとの事でした。

 

 

 

 

 

 

 

MIWAのディンプルキーの引戸錠に交換しました。

付いていた錠前よりカギも使いやすくなり、防犯性能もかなり向上した錠前です。

今回紹介する事例はサムラッチの交換作業のものです。

玄関錠の不調という事での依頼でした。

 

 

 

 

 

 

 

ラッチの動きが悪く、今は何とか開くものの、もうしばらく使い続ければドアを開ける

事もできなくなりそうでした。

上下同一のカギが付いていたので、ツーロックのサムラッチに交換が決まりました。

 

 

 

 

 

 

 

無事交換作業が終了しました。

カギもディンプルキーになり、もちろんツーロック錠なので防犯性もバッチリです。

今回は電気錠の取付依頼の作業です。

以前電気錠を取付した所で電気錠の上に面付錠を付けていたのですが、

面付錠を電気錠に交換したいとの事。

取付自体は元の面付錠と穴位置が少し違うので、取り付けられる穴を開けなおします。

穴が開いたら取り付けるだけです。

 

 

 

 

 

 

 

これで作業完了しました。

どちらも同じカードをかざす事で開くようにしたので、カード1枚で開錠できます。

今回は引戸錠の交換依頼です。

カギを失くしてしまったという事で呼ばれました。

 

 

 

 

 

 

 

4,5年前にディンプルキーの錠前に交換していました。

さすがに外でカギを紛失して心配だという事で交換するようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

今回は別メーカーのディンプルキーの引戸錠へと交換しました。

カギを失くした場合は、誰がそのカギを使って侵入してくるか分かりませんので、

すぐに交換する事を勧めます。

今回の事例は室内錠の交換作業のものです。

室内の錠前が壊れてしまったという事で現場へ向かいました。

 

 

 

 

 

 

 

ノブは依頼者が外していたのですが、ドア自体は開いていました。

ノブを回そうとしてもいつまでも回転し続けてラッチが動かなくなっていました。

今回の状態はケースの中のラッチを引き込む部分が折れている事による空回りが

原因です。こうなるともう品物を交換する他ありません。

 

 

 

 

 

 

 

初めから交換希望という話でしたので、新しい物へ交換し無事作業完了。

この手の室内錠は最終的に今回の様な壊れ方をするのですが、ケースの中折れの際、

ラッチが自動で引っ込んで閉じ込めが無いように設計された室内錠です。

今回は引戸錠の新規取付の作業になります。

引戸錠のカギの不具合という事で伺いました。

現場は戸先錠しか付いていない引戸で、カギが入らない状態になっていました。

引戸自体はカギは開いていたので、新しい物を取り付ける事に。

 

 

 

 

 

 

 

今回は戸先錠はそのままに、中央に新しくディンプルキーの引戸錠を新規取付する事に

なりました。

切り欠き穴を開ける作業から始めて、穴が開いたら後は普段通りの取付作業です。

 

 

 

 

 

 

 

無事に取付が完了しました。

戸先錠は純粋な交換品としてディンプルキーのような防犯錠をメーカーが出していない

ので、防犯錠を付けなら今回のように中央に付けられる引戸錠がオススメです。

今回はシリンダー錠の交換作業です。

カギの不調で呼ばれました。

カギはあるが、閉まったまま開かなくなったとの事。

とにかく開錠作業から開始します。

 

 

 

 

 

 

 

無事開錠してシリンダー、ケース一式外した所です。

交換する事になったのですが、元がディスクシリンダーの古いカギで、中のケースと

現行のシリンダーでは取付ができない為、一式の交換になりました。

 

 

 

 

 

 

 

交換作業完了です。

この品の後継品はシリンダーの穴位置が変わる為、元の穴を隠すエスカッションを付け

るので画像のような見た目になります。

引戸錠の交換依頼の事例になります。

引戸錠の調子が悪いという事で伺いました。

 

 

 

 

 

 

 

カギは表からは空転し、裏のサムターンは固くなって動かなくなっていました。

以前にも調子が悪くなり、その時は調整で何とかなったと言う事でしたが、さすがに

新しくしないともうどうしようもない状態でした。

 

 

 

 

 

 

 

新しくMIWAの引戸錠に交換させてもらいました。

防犯性能も今までの物より高い物ですので、安心して使って貰えると思います。

今回の依頼は引戸錠の交換作業です。

カギのかかりが悪くなったとの事で伺いました。

 

 

 

 

 

 

 

このタイプの引戸錠は主に断熱扉の引戸に付いている錠前です。

新しく交換するという話になったので、新品を付ける事になりました。

 

 

 

 

 

 

 

作業完了です。

写真には撮ってなかったのですが、戸先側にもカギ穴があり、そちらと合わせて

一式での交換になります。

今回の作業はサムラッチの交換作業です。

カギの調子が悪くなったので見てほしいという依頼でした。

 

 

 

 

 

 

 

サムラッチ錠でしたが、かなり古くラッチを押しても何とか開くものの、動きが良いと

は言えない状態。

防犯性能も低いのでという事で新しい錠前へ交換に。

 

 

 

 

 

 

 

無事作業完了しました。

ディンプルキーで使いやすく、防犯性能も高いサムラッチ錠です。