コンテンツへスキップ

今回も引戸錠の交換作業です。

カギが掛からないという事でお伺いさせて貰いました。

 

 

 

 

 

 

 

古いディスクシリンダーの錠前です。

交換する事になりましたが、本来この錠前は中央と戸先2つの3点セットの錠前です。

今回は中央のみの交換でいいという事で作業に入りました。

 

 

 

 

 

 

 

中央を元々の錠前と同じメーカーであるMIWAの引戸錠に交換しました。

カギも防犯性の低いディスクシリンダーから防犯錠であるディンプルキーになったので

防犯面から見ても安心です。

今回は引戸錠のカギはあるが開かなくなったという事で呼ばれました。

現場で見てみるとカギは回るけど開かないといった状態でした。

依頼者の方と話し合い、破錠して交換する事に。

さっそく破錠作業を行いましたが・・・

ここまで壊してようやく開ける事ができました。

普通はここまで壊す必要は無いのですが、内側の稼働部分がまともに動いていなかった

為、中が見えるまで壊す事に。

とにかくドアを開ける事ができたので、交換作業に入りました。

取付は破錠より苦労せず、普通の引戸錠の取付と同様の作業を。

動作も確認して、これで作業完了となりました。

今回紹介するのは引戸錠の交換作業の事例です。

カギの開け閉めが困難という事でお電話をいただき、現場へ向かいました。

 

 

 

 

 

 

 

引戸錠の押し回しのカギで、中にある芯棒部分と受けの部分の角が丸くなった事で空転

するようになっていました。まだ何とかカギが掛かる事があるといったレベルですが、

このまま使い続けていたら完全に空転してカギが全く掛からない状態に。

修理も効かない症状ですので新しい錠前へ交換する事に。

 

 

 

 

 

 

 

MIWAの引戸錠へ交換しました。

ディンプルキーを使用した防犯性の高い錠前で、使い勝手も良いオススメの品です。

今までの押して回すタイプの引戸錠ではないので空転するといった事もありません。

今回の事例はシリンダー交換作業のものです。

カギの抜き差しが困難で、刺さっても回らないという事でお伺いしました。

 

 

 

 

 

 

 

聞いていた通りまともに動きません。

同じ種類のカギでいいという事で、新しいU9シリンダーへ交換する事に。

 

 

 

 

 

 

 

抜き差しはシリンダーが問題なのは明らかですが、回りに関してはケースが壊れて

いる可能性もあります。今回はシリンダーのみ交換でスムーズに動くように。

依頼者の方にも確認してもらって作業完了となりました。