コンテンツへスキップ

カギの紛失によるご依頼です。

どこかでカギを失くしてしまい、出かけられないのでどうにかしたいとのこと。

同種の新しい錠前に交換しました。

カギを作ることも考えていらしたようですが、誰が拾っているか分からない以上は早急

に錠前を取り替えた方が安全です。

お客様もそうした防犯性の低下を気にしていたらしく、交換したことで安心されたよう

でした。

室内錠の不調によるご依頼です。

ドアが普通に開かなくなったとのことで呼ばれました。

ケース内部の連結折れが原因と思われるので、破錠にてドアを開けます。

その後、新しい錠前を取り付けて作業完了です。

お客様からも安心して部屋を使えると好評頂けました。

ドアクローザーが壊れたので見てほしいとのご依頼です。

ドアを閉じる速度の調整ができなくなっていました。

開閉の際無理な負荷が掛かったりすると、古くないものでも故障することがあります。

新しいドアクローザーへ交換しました。

正常に動作するようになってお客様にも喜んでいただけました。

錠前の不調によるご依頼です。

U9の引戸錠です。現状回りが悪くなって開閉できな時もあるとのこと。

10数年使っているとのことでU9としては寿命を迎えたと言っていいでしょう。

ディンプルキーの新しい引戸錠へ交換しました。

元々の錠前が小さい切り欠き穴だったので、穴を広げての取付となりました。

防犯性が高く、使いやすい錠前ですので、依頼者の方も喜ばれていました。

錠前の不調によるご依頼です。

カギを回そうとすると固く、開閉するのが困難な状態に。

調子が悪くなり始めてからもしばらくそのままにしていたそうで、かなり無理な使い

方をしていたようです。

ディンプルキーの引戸錠へ交換しました。

リバーシブルキーで使いやすく、防犯性も高いのでお客様も喜ばれていました。

室内錠の開錠依頼です。

カギを掛けていないが、ノブを回しても開かない状態となっていました。

非常開放装置を回しても開く様子は無し。

破錠を行い、ひとまずドアを開けました。

その後、新しい錠前を取り付けて作業完了です。

カギ付きではない方がよいとのことで空錠を付けましたが、今回同様な故障の時に閉じ

込められない機構が付いた室内錠です。

お客様も安心して使えると喜ばれていました。

カギを開けてほしいとのご依頼です。

玄関・勝手口共にピッキング等で開ける事ができない錠前が付いている状態でした。

一旦破壊開錠でドアを開けることに。

その後別カギに交換して作業完了です。

ウェーブキーという防犯錠です。性能も元々の錠前と同等の物を付けたので、お客様も

安心されたようでした。

錠前の不調によるご依頼です。

ラッチの動作不良で上手く中に引きこめない状態でした。

カギも廃盤のディスクシリンダーなので防犯性も良いとは言えません。

ディンプルキーのサムラッチ錠へ交換しました。

今回は下側だけの作業になりました。

交換自体はすぐに出来たので、お客様も安心して出かけられると喜ばれていました。

カギの不具合によるご依頼です。

鎌デッドが勝手に出て来てカギが掛かる状態になっていました。

長年使い続けて劣化してくると出て来る症状の一つです。

ディンプルキーの引戸錠へ交換しました。

まともにカギが開けられるようになり、お客様も安心されていました。

シリンダーの不調によるご依頼です。

カギの抜き差しが中々できず、片方はケースが故障してまともに動かない状態でした。

ケースの方はしばらく放置していたようで、カギは片方しか使ってなかった様子。

上下シリンダーとケースを纏めて交換しました。

ディンプルキーの中でも特に防犯性が高いKABAのカギになりましたので、お客様も

満足されていました。