コンテンツへスキップ

今回の事例はサムラッチ錠の交換作業のものです。

カギが開かなくなったから見てほしいとの依頼で伺う事になりました。

ぱっと見はあまり異常は無さそうですが、カギを回してもデッドボルトが戻らなく

なっていました。

ひとまず中のケースを壊して開ける事に。

破錠後、交換の必要があるので作業を続行しました。

交換完了しました。

今回のように中のケースから壊れてしまった場合、カギ穴のみの破壊開錠よりも

作業が困難になります。

錠前の調子が悪い時は放置せず、早めに交換する事をお薦めします。