コンテンツへスキップ

今回は古い金庫のカギ作製をしました。

 

 

 

 

 

 

 

依頼者から許可を得て扉部分をお預かりしました。

カギのデータがある物ならデータ通りに作れるのですが、このカギはそれが無かったの

で中を覗きながらブランクキーを削り

 

 

 

 

 

 

 

無事回るカギが完成しました。

テンキー式の業務用金庫の開錠依頼が入りました。

カギ無し・番号も不明といった状況で、金庫の中に必要な書類があるかもしれないとい

う感じでしたので、さっそく作業をすることに。

表から工具で切り開いて内側を探って開けようとしたのですが・・・

テンキーで解除する裏側の稼働部分が中々見つかりません。

金庫によって内側の仕組みが異なる為、どこを動かせばカギが開くのか探す必要があり

ます。今回はその部分を探し当てるのに苦労しました。以前開けた金庫ではドアの右上

部分に可動部分があったこともあり、一概にここという場所が無いのが難しい所です。

最終的に鍵穴部分のすぐ近くにテンキー可動部があったので、そこを稼働させて無事に

開けることができました。