コンテンツへスキップ

今回の事例紹介はサムラッチ錠の交換作業です。

錠前の不調という事で連絡があり伺いました。

カギの掛かりが悪くなっている状態で、古い錠前なので交換したいとの事。

新しい家屋の錠前などはワンドアツーロックが主流になっていますが、この

錠前もそうしたワンドアツーロックにできる事を説明。

そういう錠前を取付るよう話が纏まり作業開始。

当然もう1箇所のカギを取り付ける加工も必要になるので、まずはドアに切り欠き

穴を開け、後は取り付けするだけです。

錠前の取付完了しました。

ディンプルキーの2個同一キーで、これまでの錠前とは比べ物にならないくらい

防犯性能が向上しました。

今回の事例はサムラッチ錠の交換です。

錠前の不調で呼ばれて伺いました。

カギの回りが悪くなっており、ラッチの方も動作が怪しい感じ。

全体的に動作が悪く、防犯性も低い錠前なので交換を提案しました。

交換する事に決まり、早速作業を行う事に。

ディンプルキーのサムラッチ錠に交換し、作業完了です。

使い勝手も良くなり、防犯性能も向上したので依頼者の方も満足していました。

今回の作業はサムラッチ錠の交換です。

錠前の調子が悪いという事で伺いました。

サムラッチ錠で、ラッチの引き込み具合がかなり弱くなっていました。

このままだ破損して全く開かなくなる可能性がある為、交換を提案。

上下同一キーでしたが、下の方だけ交換する事に。

取付完了しました。

元々上は使ってないそうで、下の台座部分の交換だけでいいとの事。

錠前の防犯性も上がっているので満足いただけたようです。

今回紹介する事例はサムラッチの交換作業です。

使っている錠前の調子が悪くなってきたとの事で伺いました。

ディスクシリンダーで上下同一キーです。古い錠前で上下共に動作が悪い状態でした。

とにかく一度全体を交換する事になりました。

今回サムラッチ錠の上下同一の錠前に交換しました。

上下交換作業を終えました。

今回下にあった錠前を上に移したので、その分ドアへの加工が必要でしたが無事完了

しました。

カギもディンプルキーとなり、玄関の防犯性能もかなり向上しています。

今回の事例はサムラッチの交換作業です。

錠前の不調で呼ばれて伺う事になりました。

古いディスクシリンダーの付いたサムラッチ錠でした。

もう古い錠前なので交換したいとの事。すぐに作業に取り掛かる事になりました。

無事に交換完了です。

ディンプルキーの新しいサムラッチ錠です。

防犯性・使いやすさ共に優秀な錠前です。

今回の作業はサムラッチの交換です。

錠前の調子が悪くなった事でお伺いしました。

錠前の年数が経ち、動作が悪くなっていました。

新しい品に交換を提案し、依頼者の方も了承して作業をする事に。

新しいサムラッチ錠に交換して作業完了となりました。

カギもディンプルキーになり、防犯性能もバッチリです。

今回はサムラッチ錠の交換事例です。

錠前の調子が悪いので見てもらいたいという事での訪問でした。

カギの回りが悪くなっており、ラッチ部分も完全には引き込かない様な状態でした。

上下同一キーの錠前なので、そこも含めて交換を提案しました。同一キーでの交換を

行う事に決定した為、そのまま作業へ。

上下交換して作業完了です。

これまで付いていた錠前と違い、ディンプルキーで防犯性能が良い錠前です。

錠前自体もスムーズに動くんので、満足して頂けたと思います。

今回の交換作業はサムラッチ錠です。

錠前の調子が悪いので見てほしいという事でうかがいました。

空錠のサムラッチとその上にチューブラ錠が付いていました。

どちらも古くなって動きが悪くなっていました。

下のサムラッチ錠を鍵付きの物に交換する形で対応する事に。上はそのままでいい

そうです。

取付完了です。

サムラッチ錠をディンプルキーの防犯錠に交換しました。

今まで付いていたカギよりもずっと性能が高いカギです。

今回はサムラッチ錠の交換事例となります。

錠前の調子が悪いから見てほしいとの事でした。

ラッチを引っ込めようとレバーを押しても上手く動かないような状態でした。

錠前自体古い事もあり、一式の交換となる旨伝えて交換作業に入りました。

ディンプルキーのサムラッチ錠へ交換しました。

動作自体はだいぶ前から少しずつ悪くなってきていたようで、正常に動く錠前に

喜ばれていました。

今回はサムラッチの事例紹介です。

カギが古く、調子が悪くなったので見てほしいとの事で伺いました。

聞いていた通り古めのサムラッチ錠が付いていました。

初めは修理をという事で考えていたようですが、交換を勧めた所新しい錠前を付ける

事となりました。

新しく交換し、作業完了です。

古い錠前を修理や調整等で持たせたとしても、やはり劣化で内部構造にガタが来て

いるのですぐに元のように不調になりやすいです。

防犯性も低い錠前がほとんどですので、そういう錠前は交換を勧めております。