コンテンツへスキップ

今回はサムラッチ錠の交換作業となります。

カギがうまく掛からなくなったので見てもらいたいそうでお伺いしました。

既にラッチを引っ込めるレバー部分が半分程下がっている状態になっており、使い

続けると壊れて開かなくなる恐れもありました。

新しい錠前に交換して対応します。

交換完了しました。

カギはディンプルキーで防犯性も高くなっています。

今回はサムラッチの交換事例です。

錠前の調子が悪くなったのという事で呼ばれました。

現場に付いていた物は古いサムラッチ錠でした。

ラッチを下げようとしても上手く下がらず、このまま使い続けると本格的に

壊れて開かなくなる可能性もある為、交換を推奨。

依頼者の方も交換に同意してくれたので交換する事になりました。

上下同一ディンプルキーのサムラッチに交換しました。

片側の交換のみだとカギを2本持つことになるので非常に使いづらくなります。

防犯性を考えても同時に交換する事をオススメします。

今回紹介する事例はサムラッチの交換作業のものです。

玄関錠の不調という事での依頼でした。

 

 

 

 

 

 

 

ラッチの動きが悪く、今は何とか開くものの、もうしばらく使い続ければドアを開ける

事もできなくなりそうでした。

上下同一のカギが付いていたので、ツーロックのサムラッチに交換が決まりました。

 

 

 

 

 

 

 

無事交換作業が終了しました。

カギもディンプルキーになり、もちろんツーロック錠なので防犯性もバッチリです。

今回の作業はサムラッチの交換作業です。

カギの調子が悪くなったので見てほしいという依頼でした。

 

 

 

 

 

 

 

サムラッチ錠でしたが、かなり古くラッチを押しても何とか開くものの、動きが良いと

は言えない状態。

防犯性能も低いのでという事で新しい錠前へ交換に。

 

 

 

 

 

 

 

無事作業完了しました。

ディンプルキーで使いやすく、防犯性能も高いサムラッチ錠です。

今回の作業はサムラッチの交換作業です。

カギが古く、調子も悪いので交換したいとの事でした。

 

 

 

 

 

 

 

ゴールのサムラッチ錠が付いていました。

今回MIWAのサムラッチに交換する事になったので、ドアに開いている切り欠き穴が

異なります。

加工して取付する事に。

 

 

 

 

 

 

 

作業開始時点で日が暮れ始めていたので、すっかり暗くなってしまいました。

とにかく無事作業完了です。

カギが回らず、ドアが開かないとの依頼。

 

 

 

 

 

 

 

上画像は全部外した所ですが、お伺いするとシリンダー部分、さらにレバーハンドルも

ケースが壊れて落ちていました。

 

 

 

 

 

 

 

防犯性も考えて、古代サムラッチのツーロックを提案して交換頂きました。

カギ紛失による交換です。

 

 

 

 

 

 

 

元々の錠前ですが大分古く、レバーもゆるゆるで壊れかけていたので丁度良かったので

はないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

使い勝手、防犯性も良い古代サムラッチに交換となりました。

玄関のカギがよく掛からないとの事で依頼がありました。

 

 

 

 

 

 

 

だいぶ古いGOAL製のツーロック。

2つとも普通に回らない状態で、レバーハンドルも脱落していました。

 

 

 

 

 

 

 

今回は防犯性も高いディンプルキーの古代サムラッチツーロックに交換頂きました。

今回はサムラッチ錠の交換作業をしました。

カギが開かなくなったという事で伺う事に。

 

 

 

 

 

 

 

到着した段階では何とか動いて開いたそうで・・・。

とはいえ、偶然開いたもののカギはほとんど動かない状態。

とりあえず錠前自体新しく交換する事になりました。

 

 

 

 

 

 

 

交換後の写真がこちらです。

カギもスムーズに回るようになり、ディンプルキーなので防犯性能も向上しました。