コンテンツへスキップ

今回の事例は室内錠の交換作業のものです。

室内の錠前が壊れてしまったという事で現場へ向かいました。

 

 

 

 

 

 

 

ノブは依頼者が外していたのですが、ドア自体は開いていました。

ノブを回そうとしてもいつまでも回転し続けてラッチが動かなくなっていました。

今回の状態はケースの中のラッチを引き込む部分が折れている事による空回りが

原因です。こうなるともう品物を交換する他ありません。

 

 

 

 

 

 

 

初めから交換希望という話でしたので、新しい物へ交換し無事作業完了。

この手の室内錠は最終的に今回の様な壊れ方をするのですが、ケースの中折れの際、

ラッチが自動で引っ込んで閉じ込めが無いように設計された室内錠です。

トイレのレバーハンドルの調子が悪いとの事で連絡がありました。

 

 

 

 

 

 

 

お伺いすると、レバーハンドルが根元から脱落していました。

 

 

 

 

 

 

 

お客様は一人になる事が多いとおっしゃっていたので、故障しても閉じ込められなり

トムフの表示錠に交換となりました。

室内のドアノブが壊れて開かないとの事。

 

 

 

 

こちらはケースの方の連結折れで、ラッチが引っ込まない状態でした。

 

 

 

 

 

 

 

こういう閉じ込めが無いように長沢のトムフをお薦めして交換となりました。

もし他に出入口が無ければ・・・と考えると怖いですよねぇ・・・。

室内錠の調子が悪いという事で依頼を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

現状だいぶ古く、摩耗によるガタつきがひどく、バネもよく働いていない状態でした。

 

 

 

 

 

 

 

高齢の一人暮らしの方だったので、例え壊れたとしても締め出される事のないトムフを

お薦めして交換となりました。

室内の表示錠を交換しました。

ラッチが中に引っ込んだ後に出て来なくなるという事で伺いました。

 

 

 

 

 

 

 

レバーが勝手に下がってる状態になっていました。

バネが全く効かなくなっています。降ろしたレバーを放しても元に戻ろうとする力が全

く働きません。

早速新しい錠前へ交換する事に決まりました。

 

 

 

 

 

 

 

作業完了後の写真がこちらです。

今回取り付けたTOMFUという錠前はラッチが壊れた際にセーフティ機能が働いて、

ラッチが引っ込んだままになります。

トイレ・お風呂場等のドアに取り付ける事で、中でカギが壊れて閉じ込められるという

ような事態が無くなるので、そういった所に取り付けるのをオススメします。

室内のトイレに使われていた錠前を交換しました。

錠前のラッチが全く動かなくなったという話で伺いました。

現場ではドア自体は開いていたのですが、とりあえず錠前を全部外すと

 

 

 

 

 

ケースが真っ二つに割れていました。

中が折れてラッチが引っ込まなくなったという状態にはよく当たるのですが、こんな

風に割れているのは初めて見ましたね。

とにかく新しい品物へ交換する事に

 

 

 

 

 

 

 

最近の室内錠はケースが壊れた際にラッチが中に引き込まれて、閉じ込めが無くなる

ように作られた物があります。今回取り付けたのもそうですが、トイレやお風呂で中

に人がいる時に壊れる事もありますので、有事に備えてこうした錠前に交換されては

どうでしょうか?