コンテンツへスキップ

今回は店舗にて電気錠と面付錠の取付依頼のものです。

 

 

 

 

 

 

 

こちらのドアに防犯の為、電気錠と面付錠を取り付けて欲しいといった依頼でした。

 

 

 

 

 

 

 

ドアに穴を開ける加工を施し、取り付ける事になります。

 

 

 

 

 

 

 

後付けの電気錠です。一般的な開戸でしたらドアを少し加工すれば取付可能ですので、

オススメの電気錠です。

 

 

 

 

 

 

 

最後にすべての鍵がきちんと掛かるか確認し、作業完了となります。

防犯の為に電気錠・面付錠といった錠前を付ける事は有用ですので、防犯性能を向上

させたいとお考えなら、ぜひ一度ご相談下さい。

今回は鉄扉に補助錠を取り付けました。

ドアのカギを新しくしたいという依頼でした。

 

 

 

 

 

 

 

下の方にチラっと見えていますが、中々見ない相当古い錠前です。

防犯錠にしたいという事で、加工等の関係から補助錠を付ける事に。

 

 

 

 

 

 

 

無事作業完了です。

 

 

 

 

 

 

 

裏はこういう感じになります。

補助錠は少しの加工で錠前を追加できる為

・手軽にワンドアーツーロックにしたい

・今回のように普通の交換が困難な箇所

等におすすめです。

引戸の戸先に補助錠を取り付けました。

 

 

 

 

 

 

 

一般的な引戸です。

元々付いている戸先錠は内側からのみ開閉可能なタイプですね。

 

 

 

 

 

 

 

このような感じで元カギの上部の方に取り付けました。

戸先錠は元の錠前にそのまま付けられる交換用の防犯錠という物がほとんど無い

のが現状です。

廃盤になった上に後継品も無いなんて物もあったり・・・。

戸先錠の防犯性能を上げるなら、今回のように戸先用のディンプルキー補助錠を

取り付けるのが一番だと思います。

今回の作業はサムラッチ錠と補助錠の取付です。

カギが古くなった事での不具合と防犯性を考慮されての依頼でした。

 

 

 

 

 

 

 

元のサムラッチ錠です。

これの交換と追加でカギをもう一つ付けたいという事で補助錠も追加するようになり

ました。

 

 

 

 

 

 

 

交換した写真がこちら。

最近のドアにはワンドアツーロックという事で初めから2つカギが付いていることが

多いですが、昔のドアはそうでありませんでした。

補助錠を追加する事で防犯性が向上しますので、取付することをオススメします。

補助錠の取付作業です。

補助錠は基本的に後付けとなるので、加工は必須になります。

 

 

 

 

 

 

 

この扉を加工しての取付です。

 

 

 

 

 

 

 

取付後の写真がこちらになります。

一般的な開戸でしたらだいたい取付可能ですので、ワンドアツーロックにしたい時には

オススメです。

 

シリンダーと補助錠の交換作業です。

 

 

 

 

 

 

 

管理会社からの依頼でカギの交換となったのですが、シリンダーと補助錠どちらも同じ

カギで開閉できるようにしたいという事。

 

 

 

 

 

 

 

錠前の中を同一品に交換して取付。

補助錠の方はイタリア製のカギらしく、何故このような珍しい物が付いていたのか

気になる所です。