コンテンツへスキップ

今回はチューブラ錠の交換事例となります。

錠前の調子が悪くなってきたという事で伺いました。

カギを回そうとすると引っ掛かりがり上手く回らない状態でした。

上部のチューブラ錠と下のサムラッチ錠(空錠)で別れていて、今回上に付いて

いるチューブラ錠部分だけ交換する事になりました。

元カギの切り欠き穴が大きかったので、エスカッションで穴を隠して取り付け。

錠前はディンプルキーで、防犯性も高くて使いやすいカギです。