コンテンツへスキップ

今回はドアクローザーを交換した時の紹介です。

依頼者の家のドアクローザーが効かなくなったとの事で訪問。

 

 

 

 

 

 

 

写真じゃ分かりづらいでしょうが、油が漏れ出ていました。

中の油圧部分が古くなって割れているのが原因ですが、こうなるともう交換する他に

どうしようもありません。

早速作業させてもらい

 

 

 

 

 

 

 

新しいドアクローザーに交換しました。

ドアクローザーが壊れていると、ドアがかなり勢いよく閉まります。

衝撃でカギが壊れる事もあったりで良くないのですが、一番怖いのはこれで指を挟ん

で大怪我になる事です。最悪、子供が手を挟んで指が千切れてしまった・・・なんて

事も実際あります。

ドアクローザーは調子が悪いなら特に早期交換をオススメします!

今回の作業は電気錠の取付になります。

個人宅に電気錠を取り付ける事になりました。

作業としては補助錠の取付に近い感じですね。

 

 

 

 

 

 

 

ドアを加工して取付完了です。

 

 

 

 

 

 

 

動作も問題無いようです。

今回取り付けた商品は指紋錠でしたが、依頼者の指紋も問題無く認証できました。

電気錠はカギの閉め忘れもなくなりますし、指紋錠ならカギを失くす心配がまずあり

ません。

気になる方はぜひご相談ください。

シリンダーの交換作業です。

カギが古いので交換したいという依頼。

 

 

 

 

 

 

 

まだ使われている方も多いですが、ディスクシリンダーというタイプの防犯性が低いシ

リンダーですね。

 

 

 

 

 

 

 

防犯錠のディンプルキーに交換。

古いカギを使われている方は早めに交換された方が安全です。ぜひご検討を!

サムラッチの取替作業です。

カギを失くしたので交換したいという依頼だったのですが

 

 

 

 

 

 

 

この現場で私は初めて見るメーカー・形状のシリンダーが付いていました。

当然交換品も無いような物でしたので、加工してサムラッチに交換という事で対応させ

てもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

交換後はこんな感じ。

加工するのにそれなりに時間を要しましたが、無事完了しました。

 

補助錠の取付作業です。

補助錠は基本的に後付けとなるので、加工は必須になります。

 

 

 

 

 

 

 

この扉を加工しての取付です。

 

 

 

 

 

 

 

取付後の写真がこちらになります。

一般的な開戸でしたらだいたい取付可能ですので、ワンドアツーロックにしたい時には

オススメです。

 

外に設置してある水道にカギをかけたいといった依頼がありました。

何でも水を勝手に使う人が後を絶たないとの事で、普段は使えないようにしておきたい

そうです。

 

 

 

 

 

 

 

こうした感じでダイヤルタイプの南京錠を取付ました。

これで番号を知ってる人以外は使う事ができないでしょう。

引戸の錠前取付作業です。

引戸錠のカギを追加で取付してほしいという依頼。

たまにこうした作業を望む方もいらっしゃいますね。

 

 

 

 

 

 

 

元のカギの上部に穴を開ける形で作業

 

 

 

 

 

 

 

無事取付終了。

引戸錠の加工・交換です。

 

 

 

 

 

 

 

本当にカギの切り欠き穴が小さいですね・・・。一般的に在庫としてあるような物では

ないので、こうした物を交換となると穴を加工する他ありません。

 

 

 

 

穴を広げて取付が完了しました。

サムラッチ錠の取付作業です。

 

 

 

 

 

 

 

元はサムラッチ錠ではなかったのですが、元の錠前と交換できる品が手持ちに無い事に

加えて、依頼者としては今日にでも交換してしまいたいという事で

 

 

 

 

 

 

 

少し加工を加え、サムラッチ錠を取付ました。